究極の保険選び案内

健康な人でも、病気にならないという保証はありませんね。
人は生きて生活していれば、何が起こるかわからないものです。

先日の台風で突然土砂が崩れてきて、家を流されたり、地震や津波で予想しないアクシデントが起こる可能性もあるわけです。

そんな時に備えて私たちは保険に加入し、万が一の時に備えているのです。昔は保険の外交員という方がいて、会社をまわり詳しく説明してくれたり、パンフレットを渡してくれました。

保険に加入する時には、外交員の方を通じて申し込みをしていたものでした。いまはインターネットが普及し、いろいろな保険を比較するサイトも増えていて、またどんなジャンルの質問にも答えてくれるサイトもあり、ネット上で知識を構築することができる時代になりました。

人はそれぞれライフスタイルが違うので、保険を決める際にも一番自分に会った内容のものを吟味しなければなりません。

それでも一番比較しやすいのは月々の保険料だと思います。安くて補償内容が充実している保険、これが一番決める条件として注目するべき点ですね。

保険の見直し

いざという時に入っていると、とても重宝する保険。実は数か月前、保険の見直しを行い、死亡補償の特約を、それまで加入していた生命保険につけました。
我が家の場合は、私の年齢に対して、子供の年齢が小さいので、私が定年を迎えるころ、下の子は大学生の真っただ中という感じなので、私に何かあった場合、残された家族は…ということで、色々考えた挙句、現在加入中のとある大手生命保険会社の外交員の方と相談をして、加入したのです。
それまでの加入していた保険は、私がまだ就職したころ、私の母がその保険会社の外交をしていた関係もあり、半ば強制的に加入した保険でした。若かったこともあり、それほど大きな補償も付けていませんでしたから、そのままでは、どうしても今後の生活を考えたときには不十分だったのです。
しかし、年が行ってからの加入になるので、保険料は若いころに比べるとかなりの割高感はありますし、健康上のこともあり、一部制限のつくところもあったりしてちょっと不満な点はあるのですが、将来のことを考えた時、これくらいの出費は仕方ないかなとも思っています。

Recommended Site

高齢化の今、住友生命の個人年金で備えて安心。
住友生命の「たのしみ1番」はお手頃な保険料の個人年金です。年金受取額を大きくすることに重点をおいた保障内容になっています。
Copyright (C)2014究極の保険選び案内.All rights reserved.